GT通信

【WordPress】誰でも簡単便利、サイト(ブログ)高速化プラグイン

calendar

WordPressでブログ運営していると、慣れてきたころに必ず気になってくる「ブログの表示速度」。

これを誰でも簡単に解決してくれるプラグインが存在しているんです。

プラグインの数も限りなく大量にあって何を入れてサイト速度の改善に努めたらいいのかわかんなくなるのも事実ですよね。

そんなときは今回紹介するプラグインを試しに入れてみてください。

初心者でWordPressを始めたひできちですが、このプラグインでサイト速度の改善ができましたし、そのおかげもあってかPV数も徐々に上昇してきております。

まだ試したことのない人はこの機会に是非導入することをおすすめしますよ!

サイトの速度を決める重要項目は3つ

まず初めに、サイトの速度に関係する重要項目を説明します。

サイトの速度は以下の3点で良くなるか、悪くなるか決まっているといっても過言ではありません。

 

  • 画像の読み込み
  • ソースの記述内容
  • キャッシュ

 

この項目はサイトを運営するにあたってとても重要になってくる部分なので、慣れてきたら絶対に意識しておいた方が良いですよ。

そして今回紹介するプラグインはこの3つにそれぞれ対応してくれるものですから、とりあえずそれだけ入れておけばひとまず安心できます。

よかったら参考にしてみてくださいね!

誰でも簡単にサイト速度を向上させるプラグイン3つ

① EWWW Image Optimizer

これは画像の圧縮をしてくれるプラグインです。

画像サイズはサイトの表示速度に密接に関係するとも言われていますので、ここはまず押さえておきましょう。

例えば、1万文字のテキストのサイズは30KB(キロバイト)ほどにしかなりませんが、画像は、500 × 500 px 程度のものでもJPG形式なら数十KB、PNG形式なら数百KBほどのサイズになります。

この容量がどんどんサイトが大きくなるにつれて膨れ上がっていくので、そりゃ表示速度だって遅くなっちゃいますよね。

でも安心してください!このプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使うと簡単に画像を圧縮してくれますし、過去にアップした画像までサイズを変更してくれるんです。

しかも、ボタン一つ押すだけ!簡単すぎます。

これで画像サイズに関してはこれまでのものの、これからのものの安心ですよ!

ダウンロード、使い方は「パズ部」さんが詳しく丁寧に解説してくれているのでおすすめです!

パズ部「EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方」

② Head Cleaner

二番目はこのプラグイン。

これはWordPressのそれぞれのページを構成するソースを最適化して、サイト表示速度の向上を促進してくれるプラグインです。

ソースとはWEBページを構成するコードの事ですが、そのソースを構成する要素としては3つあります。

聞いたことくらいはあるかもしれませんが

  • テキストデータ
  • CSS
  • JavaScript

これらがソースと呼ばれているものになります。

初心者の方には難しい名前でよくわかんない…ってのも正直あると思いますが、実は私もそんなにまだ理解できていません。

難しいですからね…。

ですが、これらがサイト速度に重要であることは理解できますし、改善した方が良いのは確かです。

簡単に3点の項目説明をしておきますね。

・テキストデータ : テキストのデータ。容量は全体から見ると非常に小さいので気にする必要はないかも。

・CSS : デザインやレイアウトを指定する言語で(別名スタイルシート)。

・JavaScript : アニメーションを取り入れる時などに使うプログラム。

ここで紹介する「Head Cleaner」はCSSとJavaScriptの改善を行ってくれます。

細かい設定などは先ほども紹介した「パズ部」がおすすめですよ!

「パズ部」Head Cleaner の最も理想的な設定方法

③ W3 Total Cache

これはキャッシュを使用できるようになるプラグインです。

キャッシュといきなり言われても難しいと思うので、私の中でのキャッシュの考え方を説明すると、サイトに付箋を貼っている感覚です。

 

サイト(ブログ)のトップ = 本

サイトの記事ページ = 本の〇〇ページ

 

としたときに一度閉じてしまったページと同じところをまた見ようとすると、探すのに時間がかかりますよね?

そんな時、「付箋」や「しおり」をして、さらに知りたい情報にマーカーまで引いておけば、必要な情報を速いスピードで確実に得ることができます。

それと同じ様な考え方で、一旦サイトから離れてまた同じサイトにアクセスしようとすると、そのページの画像情報や、テキスト、リンクなど様々な情報をもう一度読み込まなくてはならなくなります。

そこでキャッシュ(=付箋)を用いることで、情報の表示スピードが上がるって感じなんですよ。

きちっとPCやWEBの勉強している人は、もしかしたら「何言ってんの?見当違いだよ、ひできちさん」ってなるかもしれませんが、私の中ではこんな感覚でとらえています。

一応わかりやすく書いたつもりですが、「なるほど!」と思って頂けたらありがたいですね。

 

本題に戻りますが、このキャッシュを設定して使用できるようにしてくれる「W3 Total Cache」ですので、絶対おすすめなんですよ!

使い方、設定の仕方は「パズ部」がおすすめです!

「パズ部」W3 Total Cache のおすすめの設定方法

 

以上、私がおすすめする「【WordPress】誰でも簡単便利、サイト(ブログ)高速化プラグイン3つ」でした!

これまでもWordPress関連記事を書いていますので、良ければそちらも参考にしてみてくださいね。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。良かったらシェアしてくれると喜びます。

この記事をシェアする

folder キュレーション

35歳以上の女性は結婚が困難に?その理由と彼氏を作るコツは?
【レコード大賞】三代目(LDH)に買収疑惑が挙がっている件
喫煙者に悲報!厚生省がタバコのニオイ対策まで始めた件
more...

folder Media mix

NHK土曜ドラマ、嗅覚捜査官スニッファーが面白すぎる件
【iPhone、android対応】人気のおすすめ無料スマホゲームアプリ集
【決定版】ram like mellow特集 | インディーズ・バンド
more...

folder 白猫テニス攻略

【最新版】白猫テニス、ガチャで出現する星4キャラ(スキル)詳細一覧
more...