GT通信

社会人が限られた時間で勉強する方法は?ネットを最大限活用しよう!

calendar 2016年9月19日

reload 2016年10月25日

社会人が限られた時間で勉強する方法は?ネットを最大限活用しよう!

どーも、ひできちです。

いきなりですが、社会人になって自分の為に勉強してますか?自己啓発してますか?

「そんなのする暇なんかない」「自己啓発に使うお金がない」「どんな風に勉強すればいいかわからない」なんて声が聞こえてきそうですね。

お金が無い場合は仕方無いのかもしれません、生きていくだけで精一杯なのであれば。

暇がない、社会人になってから勉強のやり方が良くわからないって人は、今の現状に満足せずスキルアップを図った方が良いですよね。

この記事を読んでくれている人はただの興味本位か勉強したいって真面目に考えているかのどちらかと思いますが、勉強してみようかな?ってちょっとでも思っている人におすすめの方法を紹介しましょう。

といっても、私個人の考え方なのであくまで参考にしてくれると幸いです。

時間のない社会人が効率用く勉強する方法

先ほども言いましたが、社会人になるとやはり仕事と必要最低限の生活が中心になってしまいがちで、自分のための勉強時間を稼ぐのは意外に苦労するものですよね。

心身疲労して、いざ勉強しようとしてもやる気がでない、モチベーションが上がらない、なんてことも良くあること。

ですが、限られた時間を有効活用しつつモチベーションを上げる勉強法を実践していくと自分のスキルアップにも繋がり継続して勉強をしていけるようになりますよ。

ステップ1 何のために勉強するのか?を具体的に考える

具体的に何の為に勉強するのか?目的をはっきりさせると進むべき道が見えてきます。

例えば、「会社で必要」や「将来起業するため」「くいっぱぐれば無いように〇〇の資格をとる」「海外旅行したいから」なんて理由で良いんです。

自分がなんの為にするのか?それを明確にするとやる気もあがるし、周りがやってるから焦ってとりあえず自己啓発しないとなんて理由より身が入ると思います。

しかも、具体的に決めることで、勉強内容を絞ることができますし、より集中することもできますからね。

ステップ2 目標を明確にする

目標を明確にすることでモチベーションUP、もしくは維持に繋がります。

さらに、明確にすることで良い点はいつまでに達成するか?などのスケジュールにも生かすことができる点ですかね。

例えば、「TOICE700点を目指す」とか「〇〇の資格をとる」、「年間に本を何冊読む」なんていう目標でも良いでしょう。

人それぞれ興味があることや、価値観は違うと思うのでどんな勉強でも良いと思います。

その勉強することに対して目標を明確にしておくと良いって話ですね。

ステップ3 全く勉強しない時間をできる限り作らないように!

社会人になってくると当然付き合いも増えてきます。

しかも、社会人の付き合いと言えば「飲み会」や「ゴルフ」なんてことも多いのではないでしょうか?

最近はあんまりないのかな?

んまー私がサラリーマンだったときは週末になると先輩や上司と飲み会や食事なんてことも多々ありましたねー。

それはそれで結構面倒なときもあったり、自分の時間を作りたいから行きたくないな。って思うこともありましたが、それも社会人の宿命と受け入れていました。

しかし、一度自分の為に勉強を始めたのならできるだけ勉強時間「ゼロ」というのは避けた方がいいです。

特に習慣付けができていない始めたばかりのころは特に要注意!

志もあいまいになってしまったり、ブランクが空いてしまうと勉強すること自体が面倒になってきますからね。

毎日15分でも30分でもいいので継続してやっていくようにしましょう。

やっぱり何事にも継続することは大切ですよね。

ステップ4 空き時間を有効活用しよう

一日のほとんどを「仕事」に使っている社会人にとってなにもない時間を作ることはとても難しい事ですよね。

ストレス発散の為に娯楽や趣味に使う時間も確保しなければならないし、勉強しなければいけないからと言って誘いすべてを断っていたら交友関係も無くなっていきますしね。

なので、空き時間を有効に活用すべきなんですよ。

ここで質問です、社会人で一番空き時間ができやすいのはいつだと思いますか?

それは、「通勤時間」なんです。

例えば電車通勤の人は移動中に参考書など読むことができますし、満員電車で開けない場合でも聞くことはできます。

車や自転車で通勤している人は、基本的には一人の空間ですから英語とかだと聞くだけでなく発声練習もできちゃいます。

電車通勤の人は発声練習しないでくださいね?変な人だと思われちゃいますよ(笑)

それ以外も、昼食・夕食前の時間や食べている最中なども空き時間として使えるかもしれません。

まあ食べてる最中はマナー違反になっちゃうかもしれないので、自宅で食べる時などにした方が良いとは思いますけどね。

ステップ5 本題の勉強方法について

ここからが本当の勉強方法かな?今までのは心構えとか、考え方みたいな部分でしたからね。

でも重要だと個人的に思うので、しっかり整えてからスタートした方が良いと思いますよ!

さて、早速本題に行きましょう。

勉強法って言っても私の体験談や最近見つけた良さげなツールを紹介していこうと思っています。

勉強内容によって方法は様々なのでそれぞれについて紹介していきます。

資格試験に向けての勉強法

これは〇〇の資格を取りたい!と思っている人へ向けてですが、それが暗記モノなのか、計算モノなのかで勉強法が違ってきますよ。

暗記モノならテキストや参考書、はたまた最近ではアプリでも各資格試験対策関連のものも出ていますし、繰り返し何度もやれば覚えれるようになります。

でも計算モノは公式を覚えて使うだけだと応用が出てきたときに結構悩むことが多いんじゃないかな?って感覚です。

まあ経験上、独学で数学的な勉強をする場合公式を覚えて、問題集を何度も繰り返すしかないんですけどね。

公式の意味や数式をわかりやすく噛み砕いて教えてくれる人なんていないわけですし…

なにが言いたいかって?簡単に一言でいうなら資格試験に関しては「とにかく問題をこなすしか無い!」ってことが言いたいんです。

各資格の参考書を何度もやって繰り返すしかないんです。

そして過去問を解きまくる!これにつきます。

そりゃ出る問題確率の高い問題をやりつくせば受からないはずがない!って感覚ですよ。

面倒くさがりの私もこれを実践して資格取りましたから、やってみる価値はありますよ!

それでも、もっと効率のいい勉強法ないの?って思っちゃいますよね。

それなら学生時代から実践してきた個人的な勉強法がありますのでそちらを参考にしてみてくださいね。

もうご存知の方も多いかと思いますが、脳科学的にも根拠があったみたいです。小学校くらいからやってたんですけどね。

ノート楽にテストや資格試験を乗り切る勉強法はあるのか?経験者が語る
最近学生時代を思い出し、あの頃は良かったなー。と思い出す今日この頃。学校に行って授業をうけて、放課後は仲間と海行ったり、街をぶらぶらしたりしてたもんなー。今...

 

あとで紹介するおすすめツールでも資格試験の内容を勉強できるツールもあるので良かったら参考にしてみてくださいね!

専門的な分野についての勉強法

例えば、経営や株・為替、外国語(英語やドイツ語、フランス語など)、音楽(ギターやピアノ)、IT関連(アプリ開発、プログラム、HTML)などいろいろ考えられます。

これに関しては独学では難しい部分もありますし、参考書や本を読んでもちんぷんかんぷんになってしまったり、行き詰ってしまうことも多いかと思います。

しかも、文章だけじゃ理解しきれない部分も出てきますからね。

専門的な分野に関しては「直接習う」という選択肢をとった方が長く続きそうな個人的にはするんですよね。

それがネット上でも良いですし、「大人の家庭教師」みたいなものも今ありますからね。

でも、今回のテーマ「時間が少ない社会人が勉強する方法」ってことですから、やっぱりネットを活用するのが良いんでしょうね。

家庭教師でも塾でも良いんですが、手軽に始めれるか?って言われると「ん~」って私はなっちゃいますから。

自己啓発の為の読書

勉強法って訳ではないですが、書物を読むことは「言葉を知ること」ですし、本の中には膨大な知識が含まれていると思っています。

中でも、偉人と呼ばれている人の書物は哲学的な分野も含まれますが、考え方や生き方など人生の糧になる内容が多い様に感じますね。

できるだけ、生きている内に多くの書物を読んでみたいと思いますし、自己啓発の一環としてまずは読書から始めてみるのもおすすめですよ!

勉強したい社会人や学生向けのおすすめツール

さてここからは、おすすめのツール(サイト)をご紹介していきます。

いろいろなサイトやツールが存在する世の中ですが、その中でも厳選していますので良かったら参考にしてみてくださいね!

Udemy(ユーデミー)

ひできちも最近知ったオンライン学習プラットフォーム「Udemy(ユーデミー)」です。

このサイトは米国シリコンバレー発祥で学びたい人と教えたい人を繋ぐCtoCの学習マーケットプレイスです。

シリコンバレーで2010年に設立されて以来、のべ1,100万人の生徒がIT関連から外国語、ヨガ、写真の撮り方など様々な分野を受講しています。

講師の人も実績がある方が多く安心して受講できるシステムになっています。

ついに2015年から日本でも事業を開始してこれまで8万人を超える受講者を抱えているまで成長しているんです!

コースには無料で受けられる部分もありますからまずは無料で試してみるのも良いかもしれませんね。

学習する前にそれぞれの内容はどのような物なのか?概要もついていますし自分に合った、自分に必要なものをちょいすできるオンライン学習だと思います。

解説付き動画ですが、その動画スピードも選べ内容を確認することができますし、買い切り方式で一度取得した内容に追加料金がかからない方式となっていますので何度も見返すことができます。

かなり多くのコンテンツが用意されているので、資格試験対策や専門的な勉強のどちらにも向いていると思いますし、スマホやタブレット、PCのどれにも対応しているのでおすすめです。

この機会に一度チャレンジしてみても良いかもしれませんよ。

Udemy


ALUGO(アルゴ)

英語を特に勉強したい人にはALUGOがおすすめですよ。

カスタマイズされたカリキュラムと学習プランで成果にコミットします。(ライ〇ップかな?って思いますけど)

ここの良いところは

  • スマホだけで受講できるオンラインレッスンなのでどこでも受けられる
  • アセスメントでは1人の受講生に対して3人体制で英語力を判定するため、細かな測定が可能
  • バイリンガルコーチによる日本語で学べる文法レッスンも受講可能
  • 「やる気」を持続させるために専属のカウンセリングチームが日々の学習を管理
  • 各業界をリードし、グローバルに活躍する多くの法人で利用されている実績がある

が挙げられます。

さらに、短期間で英語を習得できる可能性を秘めている部分が非常に魅力的で是非有効に利用して頂きたい。

受験英語はばっちし勉強してきたが実際話すとなるとちょっと自信がない、自分で勉強しているけどこれから先が見えてこない、急いで英語を習得しなければならない事情がある。

なんて方には特に相性がいいかもしれませんので試してみる価値はあると思います。

30日間全額返金保証も「ベーシックタイプ」で行っているのが自信の証拠ですね。

興味があるならとりあえず資料請求だけしてみるのも良いと思いますし、限られた時間の中で勉強するには多くのツールに触れてみるのも良いんじゃないでしょうか?

【成果コミット型英会話ALUGO】

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。良かったらシェアしてくれると喜びます。

この記事をシェアする