GT通信

WordPress無料テーマで迷ったらマテリアル2がおすすめな理由

calendar

どーも、ひできち(@Hidekichi_Blog)です。

遂に、ついにきました。

Principleやマテリアルなどのテーマを作成されているNobuo氏が画期的な新テーマ「マテリアル2」を正式リリースしました!

私は、初代マテリアルから使わせて頂いているんですが、今回はマテリアル2のテスターとして本格リリース前からお世話になっていました。

そこで、マテリアル2が気になった方やWordPressの無料テーマをどれにするべきか悩んでいる方の参考になればと思い「まとめ」的なものを作ってみました。

※ これまで「マテリアル2」に関してはいくつか紹介していますので多少内容が被る部分があります。

次世代的なWordPressテーマ「マテリアル2」

material2

あまりこのような無料テーマを見かけたことが無いので、この様なタイトルを付けさせてもらいました。

次世代というか、新世代というか、新しい形のテーマになっています。

マテリアル2最大の特徴

  1. 「グローバルメニュー」を無くしサイドバーへ組み込み
  2. スマホでもPCでもサイドバーをサイドバーとしてデザイン(表示させる)する

これが最大の特徴ですね。

グローバルメニューが無くなりその代りサイドバーへ組み込まれており、そのサイドバーをPC以外のデバイス(スマホやタブレット)でも活用する。

これを画期的と言わずなんといえばいいのか…。

最大の特徴以外にも

  • カスタマイザーの充実
  • 簡単すぎるGoogle各種設定(Adsense、analytics)
  • 収益性を考慮したAdsense配置
  • カテゴリーごとの記事の露出
  • 少なくて済むプラグイン
  • 連携されたプラグイン(SNS Count Cache、WordPress Popular Posts、Contact Form7、AddQuicktag)

充分すぎるカスタマイザー内容

おすすめできる理由のひとつ「カスタマイザーの充実」です。

material2-customizer

これだけのカスタムを簡単に利用できるのは有難い。

無料のテーマっていろいろありますけど、ここまで対応幅が広いのは少ないでしょう。

特に初心者にはうれしい内容となっていること間違いなしです。

簡単すぎるGoogle各種設定(Adsense、Analytics)

material2-customizer-google

カスタマイザー内の「アドセンス設定」と「アナリティクス設定」で誰でも簡単にプラグイン無しで設定できます。

各項目を開くと以下のようになります。

Adsense

material2-adsense

各サイズはNobuo氏によって指定してくれていますので、CSSなどカスタマイズできない人はデフォルトで使うしかありません。

しかし、配置なども考えられて作っているので通常利用する場合はいじる必要はあまり感じられません。

Analytics

material2-analytics

analyticsの設定はこんな感じ。

コピペだけで設定できるなんてありがたいですね。ホント。

収益性を考慮したAdsense配置

先ほどもちょっと紹介しましたが、アドセンスの配置について。

CSSなどわかる人は好きなように変更して構わないと思いますが、考えられた配置なのでそんなに変更は必要ないかもしれません。

特記すべきはこの3点。

  • サイドバーには配置せずメインカラムに集中
  • PCではコンテンツ下に、336pxのダブルレクタングル採用
  • スマホ、タブレットでは2つ目のh2タグ直上にも自動挿入可能

詳しい内容はNobuo氏が解説している「アドセンス広告の配置について」をご覧ください。

納得できる内容になっていると個人的に思います。

カテゴリーごとの記事の露出

material2-category

新着記事をTOPページに長々と表示するテーマはいくらでもありますが、TOPの新着記事下にカテゴリごとに記事を露出してくれるのは少ないんじゃないでしょうか。

その点、マテリアル2(初代マテリアルも同様)はそれぞれで記事を露出してくれているのでわかり易さ、記事の見つけやすさはピカイチです。

サイトからの離脱も少しは防げるかもしれませんよ。

少なくて済むプラグイン

  • SEO対策系プラグイン(ogpタグ出力)
  • シェアボタン配置系プラグイン
  • アドセンス配置系プラグイン
  • アナリティクスコード挿入系プラグイン
  • レスポンシブ対応系プラグイン
  • ページネーション系プラグイン

Nobuo氏曰く、これらのプラグインは無くてもスムーズに運用できるテーマになっているんです。

プラグインはお互いに干渉したり、サイト動作が重くなったりと色々厄介なことが起こる可能性があります。

少なくて済むに越したことはない部分ですね。

因みに、今私が導入しているプラグイン一覧がこちら。

  1. Akismet (スパム防御)
  2. BackWpup (バックアップ)
  3. Broken Link Checker (リンク切れチェッカー)
  4. Contact Form 7 (お問い合わせ項目)
  5. Ewww Image Optimaizer (画像圧縮)
  6. Google XML Sitemaps (サイトマップ送信)
  7. JackPack (いろいろ)
  8. PZ-LinkCade (リンクカード作成)
  9. Table of Contents Plus (目次)
  10. TinyMCE Advanced (表挿入など)
  11. W3 Total Cache (キャッシュ関連)
  12. WP Multibyte Patch (マルチバイト)
  13. Category Order(カテゴリの並び替え)
  14. Qddquicktag(タグの簡易挿入)

※ 13.14はマテリアルになってから導入したものです。

連携されたプラグイン

  • SNS Count Cache
  • WordPress Popular Posts
  • Contact Form7
  • AddQuicktag

これらがマテリアル2に連携しているプラグインです。

サイト運営をするにあたって便利なプラグインばかりです。

AddQuicktagに関しては記事の装飾とAddQuicktagプラグインについてをご覧ください。

Nobuo氏が使い方から解説してくれています。

欲をいうならば

ここまで、良い点を紹介してきましたがいかがでしたか?

ここからは欲を言うとここを改良してほしいって点を紹介していきます。

ハンバーガーメニューの位置

ハンバーガーメニューっていうのは(≡) ←こんなやつです。

スマホやタブレットで閲覧するとサイドバーを開くために利用するタブのようなものですが、その位置が上すぎるかなと…。

っと思っていたんですが、この記事の公開前に改良されたバージョンが発表されました!

Ver.2.0で改良されています。

 

それ以外に色々考えたんですけど、今のところこれくらいしか思いつかなかった…。

ということは今のところ満足しているってことです。

まあまだまだひよっこブロガーですので、熟練者には簡単すぎるかもしれませんが。

またあれば更新していきます。

まとめ

今回はwordpressの日本語対応無料テーマ「マテリアル2」についてまとめてみましたがいかがでした?

右サイドバーに慣れている人が多いと思うのでサイドバーが左にあると最初は違和感があると思います。

しかし、ちょっと使っているとすぐ慣れましたよ!

マテリアル2の最大の特徴は最初の方で紹介しましたが、本当の特徴は「テーマ製作者と話ができる」ってところだと思います。

なかなかテーマを作ってくれている人とリアルタイムで意見を言ったり、質問をしたりってできないと思います。

でもSNSを活用すればNobuo氏と会話ができます。

何かわからない部分や疑問に思った部分など質問してみたいと思ったことはありませんか?

「会話ができる」その点だけでも十分に評価できるテーマだと思っていますので、これからも使わせて頂く予定です。

気になった方は是非使ってみてくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。良かったらシェアお願いします。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder キュレーション

35歳以上の女性は結婚が困難に?その理由と彼氏を作るコツは?
【レコード大賞】三代目(LDH)に買収疑惑が挙がっている件
喫煙者に悲報!厚生省がタバコのニオイ対策まで始めた件
more...

folder Media mix

NHK土曜ドラマ、嗅覚捜査官スニッファーが面白すぎる件
【iPhone、android対応】人気のおすすめ無料スマホゲームアプリ集
【決定版】ram like mellow特集 | インディーズ・バンド
more...

folder 白猫テニス攻略

【最新版】白猫テニス、ガチャで出現する星4キャラ(スキル)詳細一覧
more...