GT通信

楽にテストや資格試験を乗り切る勉強法はあるのか?経験者が語る

calendar

reload

楽にテストや資格試験を乗り切る勉強法はあるのか?経験者が語る

最近学生時代を思い出し、あの頃は良かったなー。と思い出す今日この頃。

学校に行って授業をうけて、放課後は仲間と海行ったり、街をぶらぶらしたりしてたもんなー。

今は、学生時代より勉強しないといけないことが多いし、生活するためにはお金も必要だし…っと思い出にふけっていることもあります。

現在学生の人にとっては「勉強」が一番大変ですよね。

定期テストやら小テストやらいろいろあり、楽に乗り切れる方法はないかな?ってほとんどの人が一度は思ったことがありますよね。

実際、学生時代を生きてきた私が思うことは、「楽に乗り切る方法」なんて無かったんです!

勉強せずにいい点数を出したり、資格試験に合格したりなんて無理に近いですよね。

でもね、「効率よく勉強する方法」はあると思っているんですよ。

実際私も効率だけ意識して勉強していましたし、そのおかげで塾通いもせず有意義な学生生活を送っていましたからね。

今回は私が意識してやっていた2つの勉強法を簡単に紹介しますので、もし効率悪くて時間が足りないとか勉強法が分かんないって人が居たら参考にしてみてください!

暗記科目の勉強法

学生生活で暗記が必要な科目は計算が必要な科目より多い気がします。

ここで質問ですが、暗記科目っていつやったらいいと思いますか?

休日の場合で考えてみると、集中したいから時間があって眠くもなりにくいお昼過ぎから夜くらいまでやってます!って人も少なくないんじゃないでしょうか?

私の場合は、夜寝る1~3時間くらい前にやって次の朝おさらいしていました。

さらに、少しの量を短時間で何回も繰り返しやって覚えさせるんです。

こんなやり方で大丈夫なの?って思うかもしれませんがこれが結構覚えているものなんです!

この方法は脳科学の研究でも証明されており、「記憶は眠っている間に構築されている」ので脳の性質に合ったやり方みたいですね。

しかも私の方法には続きがあって、実はテレビを見ながらやケータイしながらなど「ながら勉強」をしていたんです。

周りが騒がしいほうが捗る人と静かでないとできない人がいると思いますが、自分の性質を見極めて勉強すると効率的にできるかもしれません。

【簡単な手順】

寝る前の1~2時間前に勉強開始

少しの量を短時間で繰り返す

次の日の朝に復習(前日覚えられなかったところを重点的に)

これの繰り返しです!

さらに声を出して暗記するとさらに効果が上がるといわれています。

暗記が苦手な人は実践してみてくださいね。

計算系の勉強法

数学や物理など計算が苦手な人も多いのではないでしょうか?

確かに公式や考え方、計算過程などいろいろ考えなければいけませんから苦手意識が出てきても仕方ないと思います。

理系出身の私ですが、実は数学嫌いでした。

そんな時、わからないものはわからない。暗記のように時間をかけたらできる物でもないと諦めて考え方を変えたんです!

その発想から生まれた方法が名付けて「逆算方式」です。そう、この方法は簡単に言えば「わからない問題は答えを見る」ってことです。

答えを見るといっても、見て写すだけでは意味がないんですけどね。

実際、計算問題ってわからないものはいくら考えてもわからないですし、答えを見ることによって理解できない部分が明確になり理解しやすかったんです。

最初から答えを見ることで計算への苦手意識も減少するので、理系が苦手と思っている人はやってみる価値があると思いますよ!

ただし注意点もあります。それは2つあって「答えを写して理解したつもりにならないこと」と「同じ問題を何回も解くこと」です。

ほとんどの人は答えを写す行為をしたことがあると思いますが、答えを写して満足していては結果につながりません。

それに、一回解いただけでは理解も深まりにくいので文章問題とかは特に回数を重ねた方が良いです。

理数系は公式を覚えることも重要ですが応用されると考え方が分かっていないと難しい部分がありますからこの方法を使うとわかりやすいと思います。

最後に勉強する時間ですが、暗記モノは寝る前といいましたが、計算などの理数系は午前中の食事前午後15時以降が良いでしょう。

寝る前にやってしまうと、頭がぼんやりして、計算なんてしてたら眠くなって仕方ありません。

頭をフル回転で働かせる計算問題などは眠くならず集中できる時間帯がおすすめですよ。

【簡単な手順】

計算問題をまず考える

わからないのであれば答えを写す

逆算して数式の構造を理解する

複数回同じ問題を解く

数式が苦手な人はぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

共通の勉強法

これまで挙げてきた方法は科目に対してでしたが、全体を通して共通する方法があります。

それは「人に教えること、教えてもらうこと」です。

簡単にいうと「みんなで勉強して問題を出し合ったりすること」です。

これは理解していないとできないことですし、難しいように感じますよね。

ですが、苦手な分野でも理解できてる部分があったり、逆に得意な分野でも理解できてない部分があったりします。

さらに、理解できてると思っていても実際は間違えて覚えていたり…

それを発見できるのは友達と教えあったり勉強しあったりすることです。

そうすることで、理解は深まり、暗記モノなんかは特に問題を出し合ったりしていると記憶にすごく残りやすいです!

一人でやった方が捗るし…って人もいるとは思いますが、たまには友達と勉強してみると新しい発見があるかもしれませんよ。

まとめ

勉強法を紹介してきましたが、重要なのは「まずやってみる」ことです。

それがクリアできれば次は「継続」することですね。

一人でやると続かない事が多いので友達と一緒に勉強したりすると、将来いい思い出になりますし仲間がいると頑張れますよね?

分かっているところも面倒くさがらず教えてみるとさらに成績アップするかもしれませんよ。

最後に、

いろいろな方法を紹介してきましたが、これは私の経験に基づく方法なので誰でも成績が上がったりするわけではありません。

ですが、本当に悩んでいたり、困っていたり、迷っている人のお役にたてればいいなと思って紹介しました。

もし、やってみようとか良いかも!と思った人は周りの友達にも教えてあげてください。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。良かったらシェアして頂けると幸いです。

この記事をシェアする

folder キュレーション

35歳以上の女性は結婚が困難に?その理由と彼氏を作るコツは?
喫煙者に悲報!厚生省がタバコのニオイ対策まで始めた件
docomoのiモード携帯生産終了で見えてくるガラケー事情
more...

folder Media mix

NHK土曜ドラマ、嗅覚捜査官スニッファーが面白すぎる件
【iPhone、android対応】人気のおすすめ無料スマホゲームアプリ集
【決定版】ram like mellow特集 | インディーズ・バンド
more...

folder 白猫テニス攻略

【最新版】白猫テニス、ガチャで出現する星4キャラ(スキル)詳細一覧
more...