GT通信

人や動物にまでガン治療効果に期待されるAvemar(アベマー)とは?

calendar

reload

人や動物にまでガン治療効果に期待されるAvemar(アベマー)とは?

昨年の愛犬が癌(骨肉腫)になってしまい、動物病院で検査したり治療を受けていろいろ試みましたがどれもダメでした。

どうにか治してあげたいと思って試行錯誤しているうちにAvemarアベマーとというサプリメントを見つけました。

同じように困っていたり、愛するワンちゃんを助けてあげたいと思う人の為になればと思います。

Avemarとは?

小麦胚芽を特殊な酵母菌で発酵し、乾燥させたものです。

抗がん作用の活性成分はメトキシン置換ベンゾ菌類と呼ばれいろいろな抗がん作用を有しているといわれています。

期待できる効果は4つある

①ガン細胞増殖抑制

癌細胞は正常な細胞に比べグルコース(糖質)を何十倍も取り込み増殖のエネルギーにしています。

通常、人間や動物は糖質をエネルギーに変換するため、ガンにとって豊富なエネルギー源になってしまいます。

アベマーは癌細胞がグルコースを取り込むことを阻害し、癌細胞の増殖を抑制する効果が期待できます。

②細胞の修復機能を阻害する

細胞は損傷を受けた場合、DNAを修復する蛋白質が必要になってき、その蛋白質をPARP蛋白といいます。

癌細胞は通常の細胞よりPARPを多く保有しているので修復が早く、DNA損傷させて死滅させるタイプの抗がん剤は効きにくい可能性があります。

アベマーはPARPの活性化を阻害し、修復力を低下させ細胞自殺(アポトーシス)を誘発させ癌細胞を減少させることに期待できます。

③NK(ナチュラルキラー)細胞活性化

正常な細胞はNK細胞から攻撃されないようにMHC-1という分子をもっています。

通常の細胞のみがこの分子を持っていれば良いのですが、残念な事にがん細胞にも存在します。

アベマーはNK細胞のMHC-1分子の発現を抑制し認識を助ける作用があることが分かっています。

・NK(ナチュラルキラー)細胞とは

NK細胞を知らない人もいると思うので、簡単に紹介しますね。

この細胞はがん細胞やウイルス感染細胞など、人体にとって悪影響を及ぼすものを破壊する免疫細胞(リンパ球)の一つです。

簡単にいうと、体の中の警察みたいなものです。

悪い細胞を見つけるとすぐさま逮捕し情勢を安定させます。

そんな感じで身体にとって悪影響を及ぼす細胞を死滅させ、病気にならないように働いてくれます。

④がん細胞に対しての免疫機能を向上させる

がん細胞は栄養を吸収する血管がないと1mm以上の大きさに成長できない為、自分を肥大させるために血管を新生します。

この血管は通常のものと異なりICAM-1という因子の発現が低下していると言われており、この因子少ないことで免疫細胞がガンへ届かないのです。

アベマーはこのICAM-1という因子を高めて免疫細胞の助けをしてくれます。

副作用は?他の薬とかと併用してもいいの?

多くの臨床試験によって標準治療と併用して、がん抑制効果を高めることが分かっていますし、単独使用でも増殖を低下させたり免疫力向上などの効果を発揮するとされています。

副作用に関しては、ほとんどないという記述もありますが、まだまだ研究段階である為わからないことが多く残っていますので確実にないとは言えませんね。

さらに、ビタミンCと併用してしまうと効果が薄れてしまう可能性があるので併用はできないとされています。

その他の薬などと併用する場合でも医師又は動物の場合には獣医と相談する必要があると思います。

使用効果はあったのか?

冒頭でも話しましたが、愛犬が「骨肉腫」といった骨のガンになってしまいアベマーなど様々なサプリメントを試してみましたが、治療の甲斐なく死んでしまいました。

アベマーの効果があったかといわれるとよくわかりません。

なぜかというと、ガンが発見されてからこのアベマーにたどり着くまで多くの時間を費やしてしまいましたし、もう末期の状態で手の施しようがなかったからです。

ですが、大切な家族なので、なんとかしたい…と思い使用しました。

アベマーは人体への治療例では大腸がん、乳がん、肺がん、小児がんなどで骨肉腫に関しては使用例がほとんどありませんし、動物に関しての適応はまだまだこれからで未知数です。

そのため獣医の先生と十分話し合い、判断し使用することをおすすめします。

まとめ

私の愛犬は治療の甲斐もなく死んでしまいましたが、自分の愛犬が癌や病気ですごく悩んでいたり、困っていたり、助けたいと願っている人の為になってくれれば幸いです。

元々は人間向けに作られたサプリメントですので愛犬などではなく、ガンでお困りの人の為になってくれればとも思っています。

人間は早期発見すると完治する可能性があります。当たり前ですが、健康診断や人間ドックなども行い早期発見に努めている人もいると思います。

でも、私が今回一番学んだ事は、動物にも定期検査は必要です。

もっと早く見つけてあげていれば治っていた病気かもしれませんし治らなくても何かしらやりようがあったと感じています。

もし、ワンちゃん、ネコちゃんなど飼っている動物がいて様子がおかしかったら病院に連れて行ってあげてください。

ガン関連の記事はこちらです

ガンも自分で治す時代到来!

がん治療でこれから話題になる?高濃度ビタミンC療法の効果とは

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。良かったらシェアして頂ければ幸いです。

この記事をシェアする

folder キュレーション

35歳以上の女性は結婚が困難に?その理由と彼氏を作るコツは?
【レコード大賞】三代目(LDH)に買収疑惑が挙がっている件
喫煙者に悲報!厚生省がタバコのニオイ対策まで始めた件
more...

folder Media mix

NHK土曜ドラマ、嗅覚捜査官スニッファーが面白すぎる件
【iPhone、android対応】人気のおすすめ無料スマホゲームアプリ集
【決定版】ram like mellow特集 | インディーズ・バンド
more...

folder 白猫テニス攻略

【最新版】白猫テニス、ガチャで出現する星4キャラ(スキル)詳細一覧
more...