GT通信

【リオ五輪】レスリング吉田選手金メダルに届かず。その原因は?

calendar 2016年8月19日

reload 2016年8月20日

【リオ五輪】レスリング吉田選手金メダルに届かず。その原因は?

連日、リオオリンピックの話題で持ちきりですが、レスリング吉田沙保里選手の速報をお知らせします。

なんと、霊長類最強と謳われた「吉田沙保里」が金メダルに届かず。世界第2位の銀メダル獲得。

アメリカ代表の「ヘレン・マルーリス」選手に敗れて五輪4連覇ならずでしたが、とてもいい試合に思えましたしこれまで数多くの歴史を作ってきた吉田選手を称えましょう!

ですが、なぜ負けてしまったのか?敗因を独自に分析してみたいと思います。

大会トーナメント詳細

【2回戦】

吉田沙保里 4 - 0 ナタリア・シニシン

初戦の緊張のせいか?少し動きが硬かったような気もしますが、何とか初戦突破。

中継では何とも無いように解説されていましたが、いつもの吉田選手の動きでないような気がしたのは私だけか…?

【3回戦】

吉田沙保里 9 - 0 イザベル・サンブ

ここで吉田選手の良さである「高速タックル」が炸裂しました。

ここは難なく勝利って感じでしたが、やはり初戦の違和感はぬぐえなかった様な気もします。

【準決勝】

吉田沙保里 6 - 0 ベツァベス・アルゲリ

無理なくせめていた様にも感じましたが、逆に攻めきれていないような気もしていました。

結果的には、決勝進出ですが、なんだかおかしい。

【決勝】

吉田沙保里 1 - 4 ヘレン・マルーリス

積極的な攻めを指せなかったマルーリス選手を賞賛すべきなのでしょうけども、吉田選手の気持ちが弱いような気もしました。

後手に回ってしまい、結局のところ相手の警告によるポイントのみとなってしまいました。

いつもの吉田選手の良さが消され、体なのか?心なのか?何か体調が悪いのか?心配になってしまいましたが、それでも世界2位の銀メダル。

本当にお疲れ様でした!

試合後のコメント

銀メダルに終わってしまって申し訳ないです。

日本選手団の主将として金メダルを取らないといけないところだったのに、ごめんなさい。

最後には勝てるだろうと思っていた。取り返しのつかないことになってしまった。

と試合後に吉田選手がインタビューに答えていました。

銀メダルでも十分すごいですよね。そりゃ日本国中期待していたと思いますし私自身も期待していました。

ですが、そんなに自分を責めずにもっと胸を張ってほしいと見ていて思いましたね。

 

ちょっとここで余談になっちゃうんですが、

毎回思うのですが、試合後しかも負けてしまった選手に「今のお気持ちいかがですか?」って必要なのか?

テレビ的には必要かもしれないですけど、これまで必死にやってきた選手が悔しくないわけないですし、そんな感じでインタビューしてるのに返しの答えが雑なときちょっとイラッとするときがあります。

この気持ちに同意してくれる人いないかな。

まあいいです。話を戻しましょう。

吉田選手の敗因はなんだ?

お父さんがいない精神的不安

やはり、吉田選手にとって父の存在はすごく大きいものだったに違いないと思います。

毎回、「霊長類最強」だのレスリング界のレジェンドなど言われていますが、レスリングをとってしまえば女性ですし精神的に弱ってしまうことも多くあったんじゃないでしょうか?

そこに吉田選手の父が他界してしまったことも含めてまだ心の底では吹っ切れていない部分があったんじゃないかと思います。

辛い環境や精神状態だったとしたら「銀メダル」獲得はすごい功績だと思いますし、自分を責めず誇ってほしいですね。

年齢が関係する?

吉田選手自身も自分の年齢について言及していたみたいです。

決勝で戦ったマルーリス選手は1991年生まれの24歳

経験や戦術の多さなどはベテランである吉田選手に分があるかもしれませんが、体力や腕力勝負にもって行かれると同等か負けてしまう可能性だってあります。

もしかしたら引退も考えて臨んだこのリオ五輪だったのかもしれませんね。

研究されつくされた?

決勝のマルーリス選手は頭をつけ、手を離さず鉄壁の防御を行っていました。

それが原因で審判に注意されることも試合中にありましたが、それもこれも吉田選手対策の一環だったのでしょうか。

まだ24歳という若さですし、2020年の東京オリンピックでこのまま引退しなければ吉田選手のライバルになりそうですね。

それにしても、優勝候補を倒してきたマルーリス選手、すごい逸材かもしれません。

まとめ

今回、「金メダル」を獲得できなかったことで吉田選手の進退についてこれから注目が行くと思います。

引退するのか?東京五輪までは現役で頑張ってくれるのか?ご本人自身もまだ考えていないかもしれませんが、気になるところです。

個人的には東京で戦っている姿を見たいですし、東京オリンピックでリベンジしてほしいとも思います。

ですが、とにかく今は体と心を休めることに専念して、日本に無事に帰ってきてほしいと切実に思いますし、そんなに責任を一人で背負いすぎず胸を張って帰国してほしいとも思います。

吉田沙保里選手、本当にお疲れ様でした。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。良かったらシェアしてくれると喜びます。

この記事をシェアする